FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

外国人向け司法

在日外国人の存在ゆえにおもむろに、彼らの犯罪に関して、日本で課す刑罰より、彼らの祖国において行った刑罰の方が重い場合、彼らの祖国での司法を基準にして刑罰を課したらどうかと思います。
外国人が犯罪を犯した時、時たま人権派の馬鹿どもの中から「文化の違いに基づく物ゆえに、その点の所を配慮」なんて阿呆な事を言うやからがいます。そういう奴に限ってと言うか、そういう奴だからこそ、上記の提案に対して、差別とか残虐とか言うでしょうね。
自分としては、別段差別がしたくてかような提案を行ったのではなく、むしろ外国人の異なる文化に対して配慮すればこそ、彼らの「流儀」に見合った刑罰と言う発想に至ったまでの事でして、それをあえて差別だなんて反論が生じるとしたら、それは日本での刑罰の方が軽いと言う本音があるからに他なりません。
所詮は多文化共生なんて代物が糞下らないと言うに他らならないのです。既に述べたように、自分は、多文化共生なんて代物を追求するならば、彼ら外国人の国における暮らしとか環境を詮索すべきであって、それ故に彼らの国における法律を基準にした刑罰と言う物を考慮しても良いのではないかと言っているのです。
そんな事も思いもよらず、ひたすら日本の法律を等しく適用なんて思っているとしたら、結局の所、外国での暮らしや環境なんぞに無関心だと言っている事であって、そんな発想の元で多文化共生なんて言うべきではありません。
また、その外国での法律における刑罰の中には死刑もあるでしょう。死刑廃止を主張するやからとしては、この点の所を思い直してもらいたいです。自分の提案を検討すれば、どこの国で死刑があるかと言う事を改めて知ることができるはずです。
死刑廃止を唱えるのであれば、まずはそう言う国において主張すべきであって、ひたすら我が国においてのみ死刑廃止を唱えるのは、結局の所、例によって外国に関して無関心と言うと言うのに他なりません。

今夜は多文化共生と言う欺瞞と言う視点から外国人犯罪に対する刑罰を述べてみました。後日は死刑の是非に関して書いてみます。<(_ _)>

追伸:管理者ページに出るエピレの広告がうざい! 何しろ、チャン・グソククが出ているのかうっとうしい!
シッシッ(#゚Д゚)ノ.;' < ; `Д´>アイーゴ

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

<< 悪名 | ホーム | 高校生クイズ対韓流 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP