FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

これでは営業が全労働者の敵だと言っても的外れじゃないだろう

コンビニケーキの「販売ノルマ」…元店長が「絶対にさばけない数」と悲鳴

25日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、一部のコンビニ従業員が悲鳴を上げるクリスマスケーキ「販売ノルマ」の実態に迫った。

番組では、クリスマスケーキをめぐるコンビニ業界の裏側を紹介した。近年ではスーパーやコンビニでもクリスマスケーキが販売されるようになり、猛烈な販売競争が繰り広げられているそう。VTRでは、元コンビニ店長のA氏が、毎年悩まされたというクリスマスケーキノルマについて語った。

A氏によると、コンビニではクリスマスになるとケーキの販売ノルマが上から指示されるという。ケーキの予約数はリアルタイムで本部が把握し、発注数が少ないと厳しく指導されるため、自腹を切ってでも取りあえず予約して数を稼いだそうだ。

A氏の店ではホールケーキ40個ほどが販売目標だった。だが、この数は「普通に売っては絶対にさばけない数」で、近所の飲食店に飛び込み営業して販売しながら、それでもノルマに届かない分を2~3万円で買い取ったという。「ノルマを達成しないことが基本的にありえない状況になったので、そうなると買わざるを得ないというのが現状です」と語った。

また、3年前までコンビニでアルバイトをしていたB氏は、クリスマスケーキのノルマを無視したところ出勤回数を減らされ、最終的に出勤回数はゼロになったという。

このようなクリスマスケーキのノルマについて、コンビニの現役社員は「(店全体で)およそ100個」だと明かし、今年はお歳暮とケーキ、おせち料理を含め自腹は7万円に達しそうだと語る。

スタジオでは、そもそもコンビニで予約をして買う感覚がない、販売数は周辺環境が大きく影響するといった声が上がり、「営業活動をしても売れない」との見解で一致していた。


自分は、営業を全労働者の敵と言う、ある種の爆弾発言をしたことがありましたが、こんな有様じゃ、決して的外れな発言とは思いません。こんな事を強いられては、よしんば志願者においてすら営業は少なからず嫌われ者の業務だとみなされたとしても不思議ではありません。志願者からすれば、こんな事までさせられる事を望んだはずはないでしょう。ここでも、命じる側の責任転嫁が蔓延していると言う事なのです。
こんな表現を取るのもなんですが、コンビニのアルバイトごときにそこまで求めるると言うのは理不尽な高望みでしょう。決してそれに見合った給与を出している訳じゃないから、そのような高望みをする資格などないはずです。命じる側は、もっぱら現場の頑張りに丸任せなしないで、大して頑張らないでも、とうしろうにでもようけ売れるような必殺技でも考案すべきですな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 








スポンサーサイト



<< 内にこもる程度ならばまだましな方だ | ホーム | 普段からしてそれ以下の状態のくせに >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP