fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

そこまで明確に悪事をなすやからに配慮しろと言うのか

ボクのおとうさんは桃太郎に… 衝撃コピー、授業題材に

「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」。こんなキャッチコピーの新聞広告をもとに道徳の授業が生まれた。多様な価値観がぶつかり合う時代に、異なる視点を持つことの大切さを考える。桃太郎伝説の故郷、岡山県で始まった授業が全国に広がるか――。

 12月上旬、岡山県津山市の市立西中学校。2年生の道徳の授業で、担任教諭の谷本薫彦(くにひこ)さん(39)が生徒へ問いかけた。

 「もし桃太郎が鬼にも家族がいることを知ったら、どうしたいと思うだろう」

 授業ではまず、昔話の「桃太郎」を学ぶ。おじいさんとおばあさんから「鬼が村を荒らして困る」と聞いた桃太郎が鬼ケ島に渡り、鬼たちを退治して物語は終わる。そこへ谷本さんが鬼の子ども「鬼太郎」というキャラクターを示す。

 生徒からは「やっぱり退治するしかなかった」という意見の一方、「家族がいると分かれば、村に帰ろうと思うはず」という声も出た。次に、どんな選択肢があれば桃太郎が鬼を殺さずに済むのか議論すると、「鬼に農業を教えたら村を荒らしに来ない。鬼ケ島に農機具を持っていこう」といった発想も生まれた。

 「なぜ桃太郎には最初、鬼退治…


なんか前にも、似たような話があって、エントリーした記憶があるのですが、それは発見が難しいところであります。この話でまず思い付いたのは、大方、ここで言う鬼は日本にとっての敵側だと言う前提がこの御仁の脳裏に潜在的にあったと言う事なのではないでしょうか。
実際サヨクの発想は往々にしてどっちにこいても我が国が悪いと言う前提で物を考える所から始まっている物です。よしんば我が国に対する侵略の可能性ですら、我が国がこうこうしないから、相手の方がやむなく攻めて来るのだ。だから、それを防止するためには、我が国の方で歩み寄って、両国間の障害を取り除く必要があると言う結論になってしまうのです。
今回の論議にしても、鬼に対して農業を教えてやれば、襲撃にやってこないと言う話が出た訳でして、なんでこちら側が、そこまで骨を折ってやらねばならんのだ。鬼たちが農業を知らないのはこっちのせいじゃない。
現実の世界においては昨今、小田原や日光の方で猿が民家へ侵入して食い物を奪ってしまうと言うのに対して駆除が目指されていると言う事です。何しろ、猿たちにとっては善悪と言う概念などなく、ただ必要だからと言う程度の事でして、物語における鬼だって同様の事が言えるのではないでしょうか。他人の食い物を奪って悪びれる事がないやからが、今さら農業を覚えるとしたら、襲撃をしたら痛い目を見る事態になってからでして、そうならない内は決してそのような考えに至る事などないでしょう。奪う方が簡単で、地道で面倒な農作業など見向きもしないのが当然じゃないですか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









スポンサーサイト



<< 狂気の姦酷塵・追加2 | ホーム | そんな程度ではますます我が国の心証が悪くなる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP