fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

航空機を多数搭載できなきゃ無意味だと思うが

いずもの空母化を小野寺防衛大臣が否定、その真意とは?―中国メディア

2017年12月28日、中国メディアの観察者網が、いずもを空母化することを小野寺防衛大臣が否定したことの真意について分析する記事を掲載した。

記事は、12月26日の小野寺防衛大臣の記者会見について紹介。記者から「いずも」を空母に改修し、F−35Bを「いずも」で運用することを検討するとの報道があったことについて質問された際、「具体的な検討は現在行っていない」と否定したと伝えた。

これに対し記者から「現在は行っておりません」との回答について、この先検討していくかどうか質問がでたが、これに対し小野寺防衛大臣は、「安全保障上、わが国の防衛力の在り方について、不断に様々な検討を行っていく」と回答した。

この件について観察者網の軍事評論家は、「この種の回答の仕方は、主に否定しているものの、将来的な含みを持たせるあいまいな回答だ」と分析。小野寺大臣のいう「具体的な検討は現在行っていない」というのは、少なくとも中期防衛計画には含まれていないという意味で、「様々な検討」というのは将来的に検討する可能性があるということだとした。

そのうえで記事は、「いずも」を空母化してF―35Bを搭載することには大きな意味はないと主張。「いずも」は大きくはないので、無理に改造するなら「軽空母」と「対潜水艦ヘリ空母」としての機能が働かなくなるためで、第7艦隊の対潜水艦を実質的に担う自衛隊の本来の役割を果たせなくなると論じた。

さらに、日本には多くの米軍基地があり、米軍は空母を日本に派遣できるほか、航空自衛隊の援護が必要な海上自衛隊が多くのF―35Bを持つことには実質的な意義がなく、このような方法は「蛇足」だと主張。本当に必要ならば、改造ではなく正式な空母を建造すべきだと論じた。

また、第二次大戦中の日本は、古い戦艦を改造する方法をよく採用していたが、それは「貧しい帝国主義」の方法で、今の日本は貧しくはなく、帝国主義を推し進めることもできないので、旧日本軍のような方法を使う必要性は全くないと主張した。

記事は最後に、小野寺防衛大臣のいう「現在具体的な検討はしてない」とは、防衛省で「通常の検討」をしているが、「実行可能な」結論がまだ出ていないことを意味しているのだと結んだ。(翻訳・編集/山中)


何やら中国はしきりに空母にこだわっていますが、所詮は入れ物だと言う事です。その入れ物の中にどれだけの価値の物をどんだけ詰めるかと言うとこにこそ空母の価値があるのではないでしょうか。上記において紹介されている戦艦を改造すると言う行為にしても、航空機を搭載できなかった事で無意味な物となりました。ただ、対空火器を多数搭載した事で、アメリカ軍の空襲を乗り切ったと言う点だけでは改造もあながち無駄ではなかった訳ですがねぇ。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 









スポンサーサイト



<< 犯罪しない奴は一人前の韓国人にあらずか | ホーム | 国内で砕けるか、日本に体当たりして砕けるか >>


コメント

日本も空母を持ちたいですね。3艘ほど。実際に使わなくても、ああいう威容は与える安心感が違う。

これから建造しようとしたら、予算でこじれるし、着手しても10年スパンでかかるのだろうから、防衛相が完全否定せずに含みを持たせるのは当然ですね。

中国や韓国には、せいぜい騒げと言ってあげたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP