FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

厄介者の帰還か

サハリン残留韓国人62人 永住帰国へ
2012年07月20日19時50分
[ⓒ聯合ニュース]

【ソウル聯合ニュース】日本の植民地時代にロシア・サハリンに強制動員された韓国人62人が韓国に永住帰国する。大韓赤十字社の関係者が20日、明らかにした。

 11月と12月に帰国し、韓国政府が提供する賃貸住宅に居住する。

 サハリン残留韓国人の永住帰国事業は1994年にスタートし、現在までに4008人が帰国した。来年は98人の帰国を予定している。引用元

韓国では、在日朝鮮人を称して、労働力として強制連行された者の子孫だとしていますが、そちらの方は決して日本残留朝鮮人とは言わないのですね。
さて、自分は中国残留孤児の日本の移住に関して、中国側の厄介払いか第五列の送り込みであると見なしている訳ですが、ロシアにしても、案外、これに倣った厄介払い的な意図があったと思われます。
サハリンにこれらの朝鮮人が久しく留め置かれたのは、終戦直後、ソ連の事情で労働力が入用だと言うためであって、そうした連中が今では老いて、強制労働者としてでなくても、単なる労働者としても厄介者だから帰国と言う建前の元に追い出されたのでしょう。
韓国にしても、日本相手ならば、そうした厄介者を国外にとどめ置き続ける事に何のためらいもなかったでしょうが、ロシア相手となれば相応の圧力がかかって、同胞の帰還と言う建前の元に押し付けられたのに他なりません。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< する価値のない差別は多くない | ホーム | 日本脳炎? 朝鮮脳炎だろ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP