FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

犯罪擁護の解釈

去る12月には、ボクのおとうさんは桃太郎に… 衝撃コピー、授業題材に当記事に関してエントリーした物ですが、これに関する記事は既に平成27年6月にも出ていました。「国内その他」の範疇でエントリーした物だから、発見するのに時間がかかりました。今では、「昔話考察」にカテゴリーを映した結果、今回のエントリーを含めて都合6件になりました。
さて、このような解釈をするコピーライターしかり、それに賛同する教師しかり、どのような感覚なのでしょうかと不可解に思う次第であります。現実に悪党の側だって、アニメーションに往々にして存在する悪の秘密結社でもあるまいに、独自の私生活と言う物がある以上、家族と言う物があるでしょう。しかし、それは被害者の側だってなおの事あるじゃないですか。
一般犯罪の視点からしても、よしんば加害者の側にもなにがしかの訳あるがあるのでしょうが、それは被害者にとっては与り知らない事じゃないですか。加害者側のなにがしの訳ありのために、こう言う事をやっても構わない、仕方がないでは被害者にとってやられ損と言う事に他なりません。
このカテゴリーで10年前に「新説桃太郎」と言うタイトルで、物語を創作した物です。そこでは、プチャーチンの来日や鉄砲伝来の時のエピソードを組み込んだ形で、鬼呼ばわりされていたのは、単なる漂流者と言う形で設定しました。そこでは「鬼」たちは別段悪さをしていた訳ではなく、自身の困りごとに関して助けを望んでいただけでした。そのような内容であれば、相手の立場に対して配慮する意味もあるでしょうが、平成27年、そして昨年の記事に関する物はれっきとした犯罪ですからね。どうして犯罪する側の立場に立って物を考えなくてはならんのか。
このような記事は、一方では、犯罪者擁護になって、ある意味犯罪をする事を正当化してしまう物になってしまいます。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< そもそも車に乗らない自分はその種の嫉妬はしない | ホーム | 密告者頼みであれば話は別かと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP