FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中国人の方こそ日本人と結婚したいだけじゃないの

【中国BBS】本当か? 日本人女性が中国人男性との結婚を希望?
【社会ニュース】 2012/05/19(土) 13:17

  中国大手検索サイト百度の掲示板に「日本女性は中国人男性に嫁ぎたがっているぞ!」というスレッドが立てられた。スレ主は、世界中の女性が中国人男性に嫁ぎたがっていると主張、特に日本人が中国人男性に嫁ぎたい理由として、世界的に不景気であることや、日本人夫による家庭内暴力が多いことを挙げている。

■「中国BBS」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト

  一方でスレ主は、中国人男性は妻をよく守り、妻の言うことを聞き、家事も仕事もよく相談して行うと述べ、2011年に日本人女性が中国人に嫁いだケースは1500組以上の最高数になったと紹介した。

  これに対して、中国では男女平等だからだろうという意見が多く寄せられた。

・「東アジアのなかで中国がもっとも男女平等だ」
・「中国人の男に嫁いでも名字は変えなくていい。わが国はおおいに男女平等を体現し、女性の尊厳を擁護している。日本や米国、欧州のような夫の姓に変える制度とは一線を画している」
・「確かに中国では男女平等の概念の普及率が高い」
・「中国でのみ、女性は男性と同じ地位になれる」

  しかし、これらの意見に反対のものもあり、オレは幼稚園からずっと女性に優しくしてもらったことがないというコメントがあった。

  また、嫁ぎ先は限定しているという意見もあり、中国の富二代(金持ちの2世)に嫁ぎたいということ、金を持っている中国人男性に嫁ぎたいということで、オタクは見向きもされないなどのコメントが寄せられた。

  寄せられたコメントの中で一番多かったのが「そんなことはない」というスレ主の主張に反対の意見だ。妄想文ではないか、これを信じる人のIQは50以下などといった反論があった。

  ほかにも、中国人男性に嫁いだ日本人を見たことがないのはなぜ?、中国人男性は軽々しく信じる奴ばかりなのかなど、とても信じられないという意見が大勢を占めた。また、「日本人に嫁ぐ中国人女性の数は、中国人に嫁ぐ日本人女性の10倍だ」と指摘する人や、「日本人妻を求む!」という切実な願いを書き込む人もいた。(編集担当:畠山栄)引用元

所でその中にどれだけ、中国で暮らしても良いと言う女性がいるかと言う点が知りたいですな。昨今では馬鹿みたいに国際化と言った所で、所詮は、日本の中での国際化と言うだけであって、外国人と結婚したいと言うのであれば、その外国人の国で暮らすと言う事をいとわないくらいの心がけがあってしかるべきでしょう。
にもかかわらず現実はと言えば、
どっちの側に日本人がつこうと、日本で暮らす事を前提としての結婚の方が多いんじゃないでしょうか。中には、はなから日本に居つくためだけに結婚を利用し、あまつさえ偽装結婚なんて代物も存在します。
こんな有様では国際結婚なんて代物も結構胡散臭い訳でして、ましてや、外国人側の親族が、縁故を当て込んで、日本に居つくなんて事があってはますます忌避してしかるべき行為ではないでしょうか。
改めて引用記事からして、「中国人に嫁ぎたい」と言う記述はあっても、「中国で暮らしたい」と言う記述はないのです。まず以てこの種の記事を書くのであれば、中国の魅力と言う物を伝えなくてはいけません。にもかかわらずそんな物はなく、ただひたすら、余所の国に暮らしている者も含めた中国人と言う事でしかなく、中国そのものの価値に関しては何の言及もありません。こんな有様で、中国人との結婚の魅力に関して吹聴しようなんてなんか虫が良すぎるのですよ。結局の所、こんな物は中国からとんずらしたい中国人の利益になかった記事でしないのでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< 人が車を轢く事もあり得る | ホーム | 先進国を自称するから、却って恥さらしの韓国 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP