FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

賢くなかったから併合されたのだ

賢かった韓国人がなぜ日本人に国権を奪われたのか

【新刊】イ・ドヒョン著『亡国と興国』(韓国学術情報)

 「日本が朝鮮を併合する際、総兵力は約100万人、軍艦は171隻だった。その3年前の1907年7月末に強制解散となった朝鮮軍の兵力は5845人だった。海軍は皆無だった」

 19世紀末の韓日の対照的な運命は、予告されたものだった。著者は「賢かった韓国人がなぜ日本人に国権を奪われたのか」という疑問を解こうと、日本の外務省の史料館や東京の古書店を歩き回った。

 二つの点が違っていた。開化期の日本は、旧体制と反体制が銃火を交えて戦い、勝った方が政権を取った。朝鮮は、旧体制と反体制が権力掌握のため暗闘を繰り広げた。日本は、旧体制にせよ新体制にせよ、究極の目標は新たな立憲君主制だった。朝鮮では「新朝鮮」は眼中になく、政権獲得だけに没頭した。引用元

(゚∀。)ワヒャヒャヒャヒャ

タイトルからして、のっけからずっこける内容ですな。だから、軍隊の解散以前に、日露戦争があったのにもかかわらず、なぜかしらん解散がその後に行われたのか。その点の所に気づいていない所なんかはとても賢いだなんて言えませんよ。
韓国の言い分からすれば、日露戦争は、日清戦争に引き続きわが国の韓国侵略の第二のステップと位置づけられているのですから、軍隊の解散はそれ以前に行われていなくてはならないはずなのですが、彼らはどうやら、そう言う肝心な点に対する疑問を持たないままに、実際に行われた1907年に、日本によって解散を強いられたと解釈しているのです。
前にも当ブログで書いた事なのですが、もともと我が国は韓国の軍隊を解散させる気などなかったばかりか、教官を派遣して、我が国にとって好ましい軍隊の育成をもくろんでいたのですが、日露戦争後に解散が行われたとしたら、危険物扱いされたと言うよりは、役立たずだと解釈されたと言うのが整合性のある回答だとおもいます。
しかし、それですらも、当時はまだ韓国統監府の指導下とは言え、曲がりなりにも韓国政府が存在していた訳でして、仮に軍隊の解散を忌避しようと思うのならば、韓国政府が日本に抗うと言う選択肢があった点には触れていません。
よしんば政府が日本に唯々諾々だったとしても、軍隊自身がクーデターを起こすと言う選択肢があったのにもかかわらず、解散自体はすんなり受け入れて、その後、義兵闘争に突入しました。義兵闘争が可能ならば、クーデターをやっても同じことだと思うのですが、そうせずに、義兵闘争と言うゲリラ戦争になったのでしょうか。ここではそうした事に触れていません。

韓国は愚か者だ!


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< 日本を馬鹿にするのは誰ニカ? の巻 | ホーム | 生活保護に労働の対価を課すべし >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP