FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

「故障」と言うリスクが付きまとうスマホ決済

財布を持たない、という日常-中国におけるキャッシュレス化の浸透度 - 片山 ゆき

先日、北京出張をした際に、中国の友人と食事をした。中国でキャッシュレス化が進んでいるという話題になると、ふと考えこんだ友人は「そういえば、いつから財布を持たないで出かけるようになったか、思い出せない。」という。彼女にとっては、財布を持たない、現金に触れないことがずいぶん前から日常であった。

食事の支払いをどちらがするかで少しもめたが(一応礼儀として)、レストランを決めた友人曰く、アプリで予約したときの割引クーポンがあるから、それを使って支払うという。レジで私が財布から現金を出すのが先か、彼女がスマホ決済で一瞬で支払うのが先か、火を見るより明らかである。スマホ決済ができなければ、もはや友人にごちそうすることもできない。

中国ではキャッシュレス化が急速に進み、私のような出張者はすぐばれてしまう。現金を出して困った顔をされるとこちらも困ってしまう。今まで何とかやり過ごしてきたが、ちょっとした買い物をしようとしても、QRコードが立ちはだかる。

昔よく飲んだ伝統的な飲物「酸奶」(乳酸発酵飲料。陶器の入れ物に入っており、紙の封をストローで破って飲む極めてアナログな飲物である)を露店で買うにもQRコードをかざしてスマホ決済が必要(写真ご参照)。しょうがないので、スマホ決済の場面の撮影だけでもしようと思ったのだが、スマホをかざすと筆者も支払いをするのかと思われ、周りの人が場所を空けてくれた

帰国して、中国出張に頻繁に行く別の友人に顛末を話すと、羽田空港に「ポケット・チェンジ」という便利な端末があると教えてくれた1。海外旅行で余った紙幣や硬貨を、日本で使える電子マネーやギフト券に交換してくれる端末で、中国で広く使われるウィーチャットペイ(WeChatPay/微信支付)にチャージをすることも可能だという。事前にウィーチャットのアプリをダウンロードし、クレジットカードなどの登録は必要であるが、チャージをしておけば出張でのストレスはだいぶ軽減されそうだ。

今春からアリペイが日本人でも使用可能となる報道もあったが、アリペイはすでに世界26各国で利用が可能で、ウィーチャットペイとのユーザーを加えるとのべ10億人を超えるらしい。キャッシュレス社会の中国に身を置いてみると、もはや、「円」だとか「元」だとかの現金通貨(お金)の概念の変革は、想像をはるかに超えるスピードで進んでいる気がしてならない。


自分の場合は、大抵の場合は非現金での決済で日常を過ごしていますが、それはクレジットカードによっての物であって、携帯ないしスマホでの決済と言うのはあり得ません。スマホを持つ事に比べればカードを持っている事の方が負担が小さいのです。携帯ですらストラップで首に「つなげておく」状態でして、突然(事前にそれがあると言う事など分からないのが当然なのですがね)コールがかかって、それを受信する事にただでさえ手間がかかる物だし、自動二輪での移動の最中だとそれに気づかない事が少なくないし、よしんば分かっても、それに対応できない状態にある事が少なくない物です。
さて主観的な所を言えば、モバイル決済は、バッテリー切れや故障と言う事がリスクとして存在している物です。それに比べればカードならばそう言う概念はないし、複数の選択肢(要するに複数枚カードを持つ事が容易と言う事です)が可能になってしまっている物だから、それに徹するに限ると言う事です。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< 独自に名前を思い付かんのか | ホーム | これまでが甘やかされ過ぎていたのだ >>


コメント

寒い中、ご苦労様です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP