FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国は「日本に学べ」だから駄目なんだ

【取材日記】韓日観光客格差が4倍…日本に学ぶべき時

先月、日本を訪問した韓国人旅行客が80万人を突破した。昨年12月よりも12万人多く、昨年1月よりも18万人多い。

反面、韓国を訪れる日本人は減少の一途だ。昨年12月に韓国を訪れた日本人は19万人余りで、前年同月に比べ5000人余り減った。韓日間の旅行客数の差が4倍になっている。

もちろん海外旅行によく行くことはとがめられるようなことではない。また、学界の一部では「海外旅行によく行く人は国内旅行も頻繁にして国内観光を活性化している」という意見もある。

問題は観光客を迎える私たちの準備だ。わずか5~6年前でさえ韓国観光市場の大口客だった日本人客数の減少に歯止めがかからない原因について、北核や慰安婦など外交イシューが挙げられている。無視できない要因だが、本当にそれだけだろうか。

30年ぶりに開催される平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)が盛り上がっているところだが、ソウルではその祭りの雰囲気を感じることは難しい。光化門(クァンファムン)通りは観光客がまばらなうえ寒波まで襲ってうら寂しいほどだ。「観光一番地」の明洞(ミョンドン)通りには観光客の代わりに中国の「代購」(代行購入をする人々、ソーシャルバイヤー)だけが集まっている。平昌を訪れた外国人はきっとソウルに一度ぐらいは立ち寄るか、どこかに泊まっているはずだが、私たちは彼らのために何を準備していたか再点検してみなければならない。

韓国が日本にハマった理由はこれと反対だ。フェイスブックやインスタグラムなどSNSには「行ってみて日本が好きになった」という人々ばかりだ。「大阪で絶対ハズせないカフェ」「日本でのマストショッピングリスト」などの面白そうなアドバイスであふれている。日本に2回、3回とリピートする人々が増えている理由だ。プロ野球シーズン券のように、年中訪日計画を立てて2~3回の「年間日本行き航空券」を前もって購入する者も登場するようになった。

文化・体育・観光の責任を負う文化体育観光部は何をしているのかと尋ねざるをえない。日本にならって昨年末発足した首相主宰の国家観光戦略会議も第一回会議が開かれて以降は音沙汰が全くない。安倍晋三首相は2020年東京五輪を控えて「観光立国推進閣僚会議」を発足させて汎政府次元の「YOKOSO Japan」プロジェクトを2003年から着々と進めている。

民間もアイデアと実行力でこれをバックアップしているのは言わずもがなだ。昨年からは「日本の魅力を、日本のチカラに。」というプログラムにアップグレードした。現在、日本が観光産業の好況に湧いているのはこのおかげだ。謙虚に日本に学ぶべき時だ。


あいも変わらずこう言う馬鹿を言ってばかりなんだからな。韓国の場合は、もっぱらそれだけじゃ駄目でしょう。格別反日でもないよその国でならば、単純に日本に倣うと言う事が何の抵抗感もなしにできるでしょうが、そこは韓国特有の札付きの反日根性が少なからず邪魔をすると言う物です。
そうした反日根性が、すんなり日本の流儀を受け入れるでしょうか。まあ、別の所ではパクリを悪びれずにやると言う事もありまして、その過程で、それがもともと日本の物だったと言う痕跡を隠ぺいしようと言う発想が、よしんば意識の上では日本に倣うつもりが、かけ離れた内容になってしまって、とても倣うと言うような内容とは言えない状態になってしまうと言う事もあり得るでしょうし、やはりそれ以外の周辺環境と言う物も整えないと、単にノウハウだけ真似したって駄目だと言う事ですよ。
従前どおり日本人に来てほしいと思う一方で、札付きの反日根性ゆえに日本人相手ならば、ろくでもない事をやっても悪びれないと言うのでは、リピーターは付かないでしょう。その段階においてでも立派に、日本に倣うと言う事が否定されてしまっているのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト



<< 狂気は付き物・4 | ホーム | 一致団結よりも内紛に勝つ事が優先されるから >>


コメント

そうですね。彼らの場合、どうしても「学べ」が「パクれ」、うわべだけ「真似ろ」に聞こえてしまいます。
もっともらしく言えば、マーケティング戦略だけの話しになってますね。宣伝すれば、どうにかなると安直に考えているような。

自分たちの実際価値を見ようとしないからです。
その価値を守ってこなかったし、付加価値をつけてこなかったからです。

せっかく半島の前方後円墳の遺跡があっても、つぶしてしまうし。
韓国人旅行客が、日本の空の青さや街並みの清潔さに驚いていたり、レンガ作りの東京駅のデザインを見て、ソウル駅(だったかな)とそっくりなんだなとか感じているようでは、お話しにならないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP