FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よその政党に議席を取られても女性であれば良いと言えるのか

女性議員の割合 日本は158位 先進国で最低水準

世界各国の議会に占める女性議員の割合を調べたところ、日本は158位となり、依然として先進国の中で最低水準にとどまっています。

この調査は、各国の議員たちで作るIPU=列国議会同盟が定期的に行っているもので、ことし1月1日時点の各国の一院制、あるいは下院の議会で女性議員が占める割合の調査結果を2日に発表しました。

それによりますと、調査対象となった193か国のうち、日本の衆議院の女性議員の割合は10.1%で158位でした。これは去年の同じ時期の調査より5つ順位が上がりましたが、先進国の中では依然として最低水準にとどまっています。

報告書で、IPUは「安倍政権は2012年から日本をすべての女性が輝く社会にすると掲げているが、まだ達成されていない。去年の衆議院選挙で自民党から立候補した女性の割合はわずか8%だ」と指摘しています。

一方、女性議員の割合が最も高かったのはアフリカのルワンダで61.3%、次いでボリビアが53.1%、キューバが48.9%となっていて、政治分野での女性の進出が進む中南米や北欧などが上位を占めています。このほか、中国が24.2%で71位、アメリカは19.4%で100位、韓国が17%で116位でした。

IPUは、去年は全体として女性の政治参加が進まず、失望させる年だったとして、議会に女性が加わることは男女の平等だけでなく民主主義にとって重要だと指摘しています。


こんなのは所詮は結果論でしかなく、個々の選挙区レベルで物を考えたら、単純に男女平等なんか言っていられないのが真理でしょう。どこの政党もまずは自分所から送り出す候補を当選させる事がまずありきでして、よその政党に議席を取られてまで男女平等なんか言っていられないのです。
まあ、共産党辺りでは女性の議員を多く輩出する傾向がありますが、それだって支持者にしてみればまずは共産党だと言う事が優先されているはずでして、女性であると言う事などは二の次に違いありません。限られた議席をできるだけ自分らで占めようと欲する点では共産党だって同じでしょう。それとも、よしんばよその政党に議席を取られても、それが女性であれば良しと甘受するのでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト

<< 大馬鹿共が夢の後 | ホーム | 北も北なりに見栄か妄言を放っている >>


コメント

女性議員の割合が、国力や国民の幸福度と因果関係はなさそうですね。
少なくとも、数値目標にしだすと、何をやっているかわからなくなります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP