プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

すぐに楽観視するのが韓国の倣いか

韓経:韓中、急速に雪解けムード…「THAAD報復」収束か

昨年7月に駐韓米軍のTHAAD(高高度ミサイル防御体系)配備が決定された後、緊張が続いていた韓中関係に雪解けの雰囲気が感知されている。今月13日に韓中通貨スワップ契約が延長され、24日には2年ぶりに両国の国防長官会談が開かれたのに続き、駐中韓国大使館行事に中国次官補級の要人が参加する。年内に韓中首脳会談と文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中国訪問が実現する可能性も高まっている。中国の習近平国家主席の執権2期体制スタートで中国国内の政治が安定し、韓中間のTHAAD摩擦が解消される可能性があるという見通しが出ている。

26日、駐中韓国大使館によると陳暁東外交部次官補が27日、「2017年度大韓民国開天節(建国記念日)および国軍の日記念レセプション」に中国からの主賓として参加することになった。昨年はTHAAD摩擦で中国から主賓が参加しなかったが、盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中国大使の赴任後に初めて開かれる行事に陳次官補をはじめとする中国各界の要人が参加する。

今月24日、文大統領は中国共産党総書記に再任された習主席に「近いうちに会いたい」と祝電を送った。外交消息筋は「来月10日にベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力体(APEC)首脳会議で韓中首脳会談が開かれ、12月に文大統領の訪中が実現する可能性がある」と見通している。

中国のTHAAD報復が収束するという期待から株式市場でも免税店やエンターテインメント、化粧品などの「THAAD被害株」がいっせいに急騰した。

この日、KOSPI(韓国総合株価指数)は前日より0.48%落ちたが、アモーレパシフィック(7.24%)、アモーレG(アモーレパシフィックの持株会社、10.55%)、アシアナ航空(9.95%)、パラダイス(5.45%)等が大幅に上昇した。ホテル新羅(8.61%)やハンファギャラリアタイム(7.83%)等も急騰した。


下の方のコントにもあるように、圧力が弱くなると、雪解けと言う楽観的な解釈。あいも変わらずのおめでたい発想です。甘くすると、とことんまでにつけあがるのがかの国のメンタリティですが、普段が惨めすぎる物だから、一方でそのような楽観的な解釈ができるメンタリティがないととってもやってられないのでしょう。まあ、中国相手ならば、どんどんそうした楽観的な解釈をしても構わんですよ。我が国は知らん。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


最後に物を言うのは名前じゃないと

あさひ型護衛艦「しらぬい」が進水、中国メディアが強い警戒感

2017年10月20日、中国メディアの新華社が、日本で護衛艦「しらぬい」の命名・進水式が行われたことについて伝える記事を掲載した。

10月12日、三菱重工長崎造船所であさひ型護衛艦の2番艦となる「しらぬい」の命名・進水式が行われた。防衛省や三菱重工の関係者など約1800人が出席し、「しらぬい」と命名された。

この「しらぬい」は、あさひ型護衛艦の2番艦で、「あさひ」同様、全長151メートル、幅18.3メートルで、基準排水量は5100トンだ。日本メディアの報道によると、建造費は約760億円で、最新のレーダーが搭載されており、対潜能力が向上している。「あさひ」は2018年3月に、「しらぬい」は2019年3月に正式に就役する予定だ。

記事は、海上自衛隊はここ数年、装備を強化し続けていると指摘。「あきづき」型護衛艦は2014年までに4隻が就役しており、今年3月には准空母とみなされる「いずも」型護衛艦の「かが」と、そうりゅう型の潜水艦「せきりゅう」を就役させたと伝えた。

また、海上自衛隊は8月、さらなる防衛力の強化のために、2隻の新型護衛艦と1隻の潜水艦を建造することを発表したことや、2018年度の防衛予算請求額が過去最高の5兆2000億円に達したとも伝えた。

こうした動きについて記事は、2015年に安倍政権が安保法案を強行採決したことで、海上自衛隊は米海軍の保護や給油任務を行うことができるようになり、自衛隊の存在感が高まっていると分析。安倍政権はさらに憲法改正の目標を推し進め、日本の軍事力を強化し、専守防衛の現状を変えようとしていると主張した。(翻訳・編集/山中)


結局ここでは、「しらぬい」の性能と言う実態が警戒されると言う、まっとうな意味での警戒がなされています。別段「不知火」と言う名前の艦はかつては駆逐艦に使用されていましたから、有名と言う訳じゃない。いつぞやの「いずも」の時のようなリアクションがいかに下らないかと言う事が分かる一例です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















公共の秩序よりも我が子優先の親

高校の学食の看板「割り込んだら足折るぞ」に保護者激怒―中国

2017年8月23日、中国青年報(電子版)によると、河南省長垣県にある高校の学食前に掲げられた看板が物議を醸している。

看板は生徒による列への割り込みを防ごうとした食堂の運営者が設置したもので、「列に割り込んだら、その犬の足を折るぞ」などと書かれており、これに保護者らが反発。「生徒の尊厳を踏みにじる行為だ」として学校側に対し、看板の撤去と、食堂運営者の謝罪と更迭を要求するなど大きな騒動となっていた。

県の教育体育局によると、学校側は問題発覚後、すぐに生徒と保護者に謝罪した上で、食堂運営者の資格を取り消し、あらたな運営者の募集を開始したという。(翻訳・編集/柳川)


下の方のコメントにもあるように、まずは親の、子供に対するしつけと言う物があってしかるべきでしょう。にもかかわらず、この記事での話は何やら、そうした親の過剰反応が前面に押して出いますな。割り込みそのものは格別悪くないけど、それに比べて、どんなことにせよ我が子が割を食らうような事は許せない。そんな親バカがにじみ出ている話ですね。食堂の方にしてみれば、日ごろから割り込みが頻発していて業腹状態だったのではないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

















幹部だに信じていないのだから無理かと

中国、2049年に先進国に?ネットからは多くのツッコミ「中国は永遠に発展途上国」「そんなに待てない」

2017年10月11日、環球時報によると、中国の国民1人当たりGDPは2020年には1万2000ドルを超えて先進国並みの水準になるとの予想もあるが、中国が発展途上国から先進国になるのはいつか。中国の専門家が予測した。

予測したのは中国人民大学国際関係学院の楊光斌(ヤン・グアンビン)院長。中国が米国を超え、世界最大の経済大国になるのは2030年ごろとの見方もある。しかし楊院長は、経済以外のさまざまな条件から中国が名実ともに先進国と言えるようになるのは2049年だと予測した。

この報道に、中国のネットユーザーからは「中国は永遠に発展途上国」「2049年?8億人の農民が同意するか先に聞いたら?」「農村戸籍を廃止するのか?」「そんなに待てない」「その時、オレもう70歳だ…」「先進国というのは資本主義の概念のはずだが」「そういや、近ごろ共産主義の実現が〜とか言わなくなったな」「どうせ2049年になってもマイホームなんか買えないだろうな…」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/岡田)


まずはいくつかの事で国内完結ができるようにならないとねぇ。都市でどんだけ儲けるにせよ、そうした自国の富を使って農村を発展させると言う事をしないとねぇ。どんな形にせよ、よそ国頼みでそれをやっているようでは駄目です。後は、いんちきをしてまでよその国に移住すると言う事が頻りと言うのも駄目です。しかし、かの国にあっては、共産党幹部だに、家族親戚や財産をアメリカに移すと言う事をやっていますからねぇ。要するに連中からして、本気で自国が先進国だなんて事は信じていないのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 
















モバイル決済は使わないのだが

キャッシュレス化ランキングで中国6位、日本9位=「てっきり中国は1位だと思っていた」「モバイル決済ランキングなら世界一」―中国ネット

2017年10月12日、中国メディアの電商報が、キャッシュレス化が進んでいる国ランキングの結果について伝えた。

海外メディアの報道によると、キャッシュレス化が進んでいる国トップ10は、1位から順にカナダ、スウェーデン、英国、フランス、米国、中国、オーストラリア、ドイツ、日本、ロシアだった。

最近の報道では、中国ではモバイル決済が非常に普及していると伝えられているが、クレジットカードの使用率は低くて現金の流通量が非常に多く、キャッシュレスでの支払いは消費総額の10%に過ぎないという。

これに対し、中国のネットユーザーから「てっきり中国は1位だと思っていた」というコメントが寄せられ、多くのネットユーザーが意外に感じたようだ。

しかし、「ほかはともかく、モバイル決済ランキングなら世界一で、ほかの国からうらやましがられている」「中国より上位の国はクレジットカードだからキャッシュレスなんだろ?オンライン決済なら中国が1位だ」などと主張するユーザーも多かった。

ほかには、「中国人はクレジットカードを使うのが大嫌いだからな」「クレジットカードって何?俺たちはアリペイだけど」「中国国内のキャッシュレス化を見たら、日本は超田舎だ」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)


主観的にはモバイル決済の意味がよく分からんです。スマホにクレジットやパスモの機能を加えるようですが、使用する際には電源が入っていなくてはならない。まあそれ自体は当然なのでしょうが、スマホが故障してしまえば使えないと言う事では確実じゃないですか。そもそもカード如きだに持つのが面倒なのでしょうか。少なくともカードであれば、電池切れや故障と言う概念はないのですがねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE