プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中国国内向けの内容じゃないのか

「日本に圧力をかけてくださり…」北海道で救助された中国人男性が領事館に感謝の手紙=中国ネット「何だよそれ」「日本への感謝はないのか」

2018年3月28日、複数の中国メディアは、北海道の雪山で遭難して救助された中国人男性が中国領事館に感謝の手紙を送ったと伝えた。しかし、その内容に中国のネットユーザーから批判の声が上がっている。

3月19日、旭岳のロープウエー職員から「中国人スノーボーダーが行方不明」との連絡が地元警察にあり、8時間に及ぶ捜索活動の末に男性は発見、救助された。記事は「札幌の中国領事館が速やかに日本と連絡を取り、救助要請を出した。救助された男性はその後、領事館に感謝の手紙を送った」と伝えた。

男性は手紙の中で「途中でコースを間違えた事に気付いた。軽装備のために身体はすっかり冷え切って、夜には身体が震え出して眠くなった。もはやこれまでと遺言を録音し始めたときに、救援の笛の音が聞こえた。叫んだが気づいてもらえず絶望したが、程なくして再び笛の音が聞こえ、一筋の光が見えた。大声で叫ぶと反応があり、ついに救助された!」などと経緯を説明した。

そして「われわれの背後には偉大な祖国があり、人の救助を第一にすべしと日本の警察に圧力をかけてくれました。救助隊の到着があと30分遅かったら、彼らは遺体を見ることになったでしょう。札幌の中国領事館には最も誠意ある感謝を示します。もし領事館が私のために貴重な救助の時間を勝ち取ってくれなかったら、私はもうこの世にいなかった。1人の中国人として、国を誇りに思います」と記したという。

しかし、この手紙の内容が伝えられると、中国のネットユーザーからは批判の声が上がった。「何だよこれ。何が中国政府の圧力で日本の警察が救助しただよ。(日本の)警察が全力で救助してくれたからあんたは生きて帰れたんだろう」「中国に誇りを感じるのはいいが、救助してくれた日本の当局に対する感謝の言葉が一つもないのが実に残念。同じ中国人として恥ずかしい」といった声が寄せられた。

他にも「領事館の功績は確かにあるが、どう考えたってあなたを救ったのは日本人。そもそも圧力なんかじゃなくて、人道主義的見地から頑張って助けてくれたのに」「日本の素早い反応、正確な測位、救助技術に対する感謝はないのか」「なんで税金でこんなヤツの救助をしなきゃいけないのか。捜索と救助にかかった費用は自分で払え」など、批判の声が寄せられている。(翻訳・編集/川尻)


┐(´д`)┌ ヤレヤレ

この記事で見る分だと、我が国は外国人の遭難に関して、いちいち領事館から催促がないと、腰を上げないと言う風に解釈されているように見受けますが、そのような「殊勝」な態度を取っていたととしたら、外国人観光客が病院に駆け込む事を禁止か、少なくとも、料金前払いと言う事をしている事でしょう。現実には金を払わず食い逃げみたいな状態が続出している有様ですからね。
それにしても、こうした記事は日本人からすれば、憤慨する内容です。中国国内向けと言う事を前提とするのであればある意味納得の行く話ですが、かように日本語で読めるレコチャに掲載すると言うのは何ですかねぇ。意味を図りかねる所であります。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





さぞ中国ではさような好条件で暮せるのだろう

日本の女性が中国人男性を結婚相手に選ぶとすれば・・・考えられる6つの大きな理由=中国メディア

中国メディア・今日頭条は30日、「日本の女性が中国人男性に嫁ぐ主な理由はこの6つだ」とする記事を掲載した。

 記事は、「近年、多くの日本人女性が外国人との結婚を選択しており、中でも中国人男性が人気を集めている」としたうえで、中国人男性の魅力について6点紹介している。

 1点めは、男女平等の考え方が日本人より強いこと。「中国よりも早く経済発展を遂げた日本だが、男尊女卑の思想は依然として著しく、今も根本的には変わっていない。中国は日本と違い、夫婦間は往々にして平等なのだ」と説明した。

 2点めは、中国では女性が男性と同じように仕事をしてキャリアを積めることだ。日本では女性は結婚後に仕事を辞めて専業主婦になるが、中国では結婚しているかどうかを問わず、仕事をすることができるうえ、会社を経営することもできる。中国人と結婚すれば自分の生活空間や自分の世界が確保できるのだという。

 3点めは、中国の男性は妻を守ってくれること。「日本では、妻は夫に従うのみで、夫と違う意見を持つことはできないが、中国の男性は妻の意見をよく聞き、互いに相談したうえで決める。特に家事や仕事についてコミュニケーションを取る」とのことである。

 記事はこのほか、「中国の男性は家庭をよく顧みる」、「中国の男性は給料を全て妻に渡す」、「中国の男性は度量が大きく、妻が外出するのを心よく見送る」という点を挙げている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


それが容易になるとしたら、まずは結婚生活は中国でと言う事が必要でしょう。当人同士がそのような意識が持てたとしても、周辺環境が物を言って、それが困難になると言う事は良くある物です。要するにそのようなきれいごとを口にして、日本に居つく口実を持ち込むなと言う事です。かようにきれいごとを並べるのであれば、中国で暮らすべきです。そもそもが、そう言う「良い」条件は中国において培われた事でしょう。そうした暮らしを維持しようならば、中国で暮らす事こそ筋と言う物です。その後は知らん。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






配達が早くなると勘違いされてはかなわん

世界が驚き!中国の無人宅配仕分けシステム―中国メディア

2018年3月19日、央視財経頻道によると、中国では宅配サービスの拡大による荷物取扱量が爆発的に伸び、年間の取扱量は米国、日本、欧州連合(EU)を合わせた数を上回っている。記事は「ネット上には荷物をさばく中国宅配業者の倉庫の様子を写した動画がアップされ、世界の人々を驚かせている」と誇らしげに伝えた。

中国国家郵政局の馬軍勝(マー・ジュンシェン)局長は同日、中国宅配サービスの年間取扱量が昨年400億件を超え、日本、米国、EUを合わせた数を抜いたと発表した。宅配サービス業の世界シェアの4割を中国が占め、農村でも87%の地域をカバー。延べ6億人の農民もサービスを利用するまでになったという。

記事によると、上海嘉定区には、世界最大の宅配荷物を仕分ける「無人倉庫」が稼働している。入荷、出荷、分類、配送など工程は24に分かれ、仕分け用などのロボット460台が動き、人の手を借りずに荷物をさばいているそうだ。

中国で宅配サービスの利用がピークに達する昨年の「独身の日」(11月11日)には、わずか数分で前年を上回る注文が入った。無人仕分けシステムの開発者は「24時間で7億件の荷物をさばいた。普段の数倍から10倍近い量だ」と話しているという。(翻訳・編集/大宮)


それ自体は良いのですが、所詮は配達にはそれが反映されないのです。むしろこうした中での進歩によって、中ばかりがキャパシティを拡大できたことで、中自体が自分の分野で引き受ける仕事を安易に安請け合いしてしまって、進歩の恩恵を受けない配達の負担を増大させていくようになってはいけないでしょう。
こう言うシステムが出来上がったからと言っても、決して配達が早く、あるいは速くなると言う事はないのです。その辺の所も考慮して、こうしたシステムを運用する必要があります。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












古人の遺跡よりも己の口が大事

漢の武帝が建てた宮殿が今ではネギ畑に!「こんなことになるなんて」と住民嘆く―陝西省西安市


2018年3月20日、封面新聞によると、中国の古都・西安にある建章宮遺跡の神明台が無残な姿をさらしている。建章宮は全国重点文物保護単位に指定されている漢の武帝(在位は紀元前141年〜同87年)時代に建てられた宮殿なのだが、今では周辺にごみが散乱し、付近の住民らによってネギなどの農作物が植えられているというのだ。

記事によると、遺跡のある孟家村に入って100メートルほどのところに土でできた大きな斜面があり、「全国重点文物保護単位」の石碑がなければ一般の人にはそれが貴重な遺跡であるとの判断がつかないとのこと。神明台は建章宮の中で最も雄大な建物だったが、約2000年もの歳月を経て、今では高さ約10メートルの土台を残すだけだという。

この村に住むある男性は「人為的な破壊は深刻」と話し、農作物を育てるための水やりで土が柔らかくなり、大雨が降ると土が崩れる事態が起きていることを説明。「遺跡が畑になって、これが放置されるなんて思いもよらなかった」と嘆いている。(翻訳・編集/野谷)


我が国的な感覚で言うのならば、それはれっきとした不法占有と言うのですが、我が国においても、中国人が河川敷で同様の事をやっていますからねぇ。それに、中国では土地の占有と言う事が法的に認められていない、国家の共有地と言うのが建前なんじゃないでしょうか。ならば、近場の人間が勝手に畑にしてしまうと言うのは大いにありかと。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












中国では空き家問題はなくて済むだろうか

中年になって子どもがいても日本の男性がマイホームを買わない理由―中国メディア

2018年3月16日、中国の金融情報サイト・中金在線は、日本の男性がマイホームを購入しない理由について分析した記事を掲載した。

記事は、「中国では男性が30歳になって妻も子どももいるのにマイホームがなく、賃貸で生活していたら、周囲の人は『負け組』という目で見る。義母からは、ふがいない役立たずだとののしられる」と紹介。「しかし、日本ではマイホームを購入しなくてもこのような扱いをされることはまずない」と伝えた。

その上で、日本の若者がマイホームを購入しないのは「お金がないから」で、中国と違って親による援助もなく、身の丈に合った生活をするためだと分析。一方で、「収入が安定している中年になっても、日本の男性の多くはマイホームを購入しない」とし、その理由についても分析した。

記事は、「マイホームは負担になるという考えと関係がある」と分析。「日本人は年齢によってマイホームに対する要求も変わるもので、購入してしまうと居住の臨機応変さが制限されてしまうと考える」とした。「例えば、子どもが小さい時は学校の近くがいいが、子どもが大きくなったら病院やスーパーの近くがいいというように変化する」とした。

「後でマイホームを買い替えればいいのではないかという意見も出るだろうが、日本では固定資産税がかかることを多くの日本人は考慮する」と指摘。また、「日本の住宅価格は比較的安定しているため、家を買い替えたいと思っても古くなった家は安く売ることになり、老後の資金を使って新たな家を購入することになるため、それなら賃貸の方が得と考える」と分析した。

さらに、「家賃は決して安くはないものの、賃貸なら固定資産税がなく、壊れても自分で直す必要がなく大家に連絡すればよいだけだ」とその利点を指摘。「将来が不確定な中で、賃貸なら収入が多い時はいい部屋に住み、少なくなったら安い部屋に住めばいいので、リスクが小さい」とした。

他にも、「マイホームを子どもに譲渡または相続させると、贈与税または相続税を支払わなければならないため、やはりマイホームはむしろ負担になる」と指摘し、「日本は賃貸市場が成熟しているため、賃貸での生活は多くの日本人にとって安全でコストの低い生活なのだ」と結んだ。(翻訳・編集/山中)


我が国での感覚で言う、後継ぎになれない「部屋住み」のような人間であれば、親の存在と別個に独自の居住地を持つと言う事はありでしょうが、中国の場合、久しく一人っ子政策が存在していて、そのような庶子が蔓延している訳じゃなし、それでいながら、かように二もなく万人マイホーム購入が当然視される意味ってやはり、実用的な問題ではなく、ステイタスシンボルとして考えているのでしょう。そこでは相続と言う考えは必要なく、死んだら、あるいは死が迫ったらその時に売り払ってしまう事なのでしょう。
かように猫も杓子もマイホーム購入が当然視されるのであれば、我が国ほどに空き家問題と言う事は顕在しにくいのかも知れませんね。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE