FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

どうして中国では手抜き普請が恒常化するのか

日本ではどうして「手抜き工事」が起こりにくいのか=中国メディア


中国のポータルサイト・百度に19日、「日本にはどうして『おから工事』がないのか」とする記事が掲載された。「おから工事」とは、劣悪な材料を用いたり、施工で手を抜いたりした、倒壊などの事故のリスクが高い建築工事のことだ。

 記事は、日本では「おから工事」の問題をほとんど耳にしないほか、施工がストップしてから長い期間放置された建物の話も聞いたことがないと紹介したうえで、その理由を3つの点から論じている。

 まず1点めは、建築に関する法律が厳しいことを挙げた。日本の建築基準法は非常に細かい部分にまで規定が及んでおり、中でも材料選びに関する規定は特筆すべきで、各種建築ごとにそれぞれの建材基準が設けられていると紹介。また、建材については「品質管理法」によっても管理されており、劣悪な材料がそもそも市場に流通することがないとした。

 2点めに挙げたのは、官民によるダブルチェック体制だ。建物が完成した後、行政当局の審査にパスする必要があると同時に、民間の指定検査確認機関のチェックも受けなければならないとし、この機関の専門家たちが政府機関同様非常に細かい検査を行うのだと伝えている。

 そして3点めは、違反した際の懲罰が重いこととした。日本では規定に反した場合、たとえ事故が発生しなかった場合でも実刑判決を受ける可能性があるとしたほか、法的な処罰以上に社会的な制裁が怖いと説明。大手でもない限り挽回のチャンスはなく、倒産に追いやられるとともに、頻繁に発生する問題ではないがゆえにその後数十年にわたって事あるごとに事件が蒸し返され、当事者は「後悔の一生」を送ることになるのだとした。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


このような記事を書くからには、むしろ、ではどうして中国では手抜き工事は恒常化するのかと言う点こそ問われるべきではないでしょうか。中国ではそれが恒常化しているからこそ、その反対に、そうでないと言う事で日本を特殊視しています。
それに関して、なんかお決まりの結論なのですよねぇ。日本でそのようなけしからん事が頻発していないのは、厳罰があるからと言う事ですが、もしそれで手抜きが抑制できるのであれば、中国でもぜひやったら良い。そもそも日本に比べれば、人間の命がたかが知れているお国柄です。手抜き普請に携わった会社は社長から従業員に至るまで全員処刑くらいはやってもいいんじゃないでしょうか。にもかかわらずあえて、そのような極端な手段が取れないとしたら、所詮はお上にとっては得にならない事だからと言う事なのでしょうねぇ。山吹色のお菓子をもらって、その様なけしからん事は看過するのでしょう。それができる分には、手抜きは看過。むしろ完璧普請なんかされてしまったら、お菓子がもらえないから何の得にもならないのだと。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



















余計な事を詮索して自身がみじめにならないか

日本と韓国は国土があんなに小さいのに! なぜ先進国になれたんだ? =中国報道


先進国という言葉の定義は複数存在するが、いずれの定義においても日本は先進国とされており、先進7カ国にも名を連ねている。また、韓国も同じく先進国とされる国だ。

 中国メディアの百家号はこのほど、日本も韓国も国土が中国の1つの省ほどしかないのに、なぜ先進国になることができたのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本の国土面積は中国の雲南省ほどしかないと指摘したほか、韓国の国土面積は日本よりさらに小さいと指摘。一方、日本も韓国も世界で広く知られた国であると同時に、国際的地位も非常に高いというのは驚くべき事実ではないかと論じた。

 さらに、日本と韓国は世界的に見ても「第2次世界大戦後に最も急激な成長、発展を遂げた国」という共通点があり、日本は世界第2位の経済大国という地位を42年間にわたって守り続けてきたと指摘。また、韓国が見せた経済成長は「漢江の奇跡」と呼ばれ、小さな国土でありながら世界でも上位の経済国へとのし上がったと指摘した。

 続けて記事は、日本や韓国には高い技術力を持つ企業が複数あるという共通点の他に、もう1つ大きな共通点があると主張し、それは「米国の同盟国」だということだと主張。日本や韓国は米国の庇護のもとで経済力を伸ばし、高い国際的地位を確立してきたとの見方を示し、中国はまるで「独力で国力を伸ばしている」と言わんがばかりに「日韓は米国があってこそ」だと強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



だったら、中国はそれだけ大きな国土を持っていて、なんで先進国になれないんだ、と反問したい所ですな。よしんば日本が先進国になれたのがアメリカのおかげと強調してもです。中国が我が国相手に、そのような違和感を持つのであれば、いまだ自国が先進国と言うのに値しない状態にこそ恥じるべきです。まあ、そこまで言うのが酷であるのならば、いちいち日本に対して妙な違和感を持たない事ですな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 








その程度で日本うらやむに当たらずと言ってもねぇ

もう日本を羨む必要はないんだ! 上海にも実物大ガンダムができるらしい=中国報道


中国にも非常に多くのガンダム・ファンが存在するが、中国メディアの百家号は11日、「中国にもついに実物大ガンダムが建造される」と題する記事を掲載、もはや日本を羨ましく思う必要はないと論じた。

 記事は、「ロボットは男のロマン」であり、男性であれば誰でもロボットに乗り込んで操縦することを夢見ると説明。そのため日本のアニメ「ガンダム」が登場したときに、全世界の男性がこのアニメを愛するようになったと主張し、ガンダムは非常に大きな魅力を持つアニメであると論じた。
 
 現在、横浜・山下ふ頭に実物大のガンダムが建造中であり、全身の各部が可動するように設計されているという情報も紹介し、完成後は間違いなく「非常にかっこいい」姿を現すに違いないと絶しつつも、中国のガンダム・ファンたちはこれまで日本を羨んでばかりだったと説明した。

 しかし、「もはや日本を羨ましく思う必要はない」と前置きし、なぜなら上海にも実物大ガンダムが建造されるというニュースが公式に発表されたと紹介。建造されるのは機動戦士ガンダムSEEDに登場する「フリーダムガンダム」であり、このガンダムのデザインは非常にかっこいいと称賛。上海の実物大ガンダムについてまだ詳細な情報は公表されていないが、このニュースは中国のガンダム・ファンたちを非常に喜ばせていると説明したほか、今後は上海以外にもガンダムのオフィシャルショップが設立されるかもしれないとし、そうなれば中国全土のガンダム・ファンたちは自分が住む都市で正規版のガンプラを購入できることになるため、1日でも早く実現することを心から願うと結んだ。

 中国の芸能界にもガンダム好きを公言し、数多くのガンプラを所蔵していることや、ガンダムの父と称される大河原邦男氏の直筆サイン入りのガンプラも所有していることを公表している人がいる。ガンダムは中国人にとっても魅力的なコンテンツとなっているのは間違いなさそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



ガンダムだから、主観的にはどうでもいいのですが、中国人の立場では、その程度でうらやむに当たらんと言うのは、なんとも情けない話ですな。その程度で満足しても、所詮はそれは日本での作品ですから、結局どこかで別の何かで日本の何かでうらやむ構図だけは残ってしまうのではないでしょうか。
いっその事、日本と無関係な事で、逆に日本人の方でうらやむような物を創出して大宣伝してみてはいかがでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 















人民に気づかれないうちに片づけ完了

中国の海岸に大量の豚足、沈没船の積み荷が漂着か―中国メディア


中国広東省東莞市の虎門大橋近くの海岸でこのほど、20トンを超える大量の豚足が見つかった。

中国紙・新京報の12日付報道によると、現場は、海戦博物館の近くの海岸で、同館の当直担当者が10日未明に発見した際には、これほどの量はなかったという。虎門鎮人民政府によると、高温による腐敗を防ぐため、政府関係者らが11日午前8時ごろから現場で清掃作業を開始し、同11時ごろまでに終了した。

広東省広州市の新快報は13日、「虎門市政府水務局関係者の話によると、南沙のあたりで1隻の貨物船が転覆・沈没した。豚足などを積んでいて、それがここに流れ着いた可能性がある」とした一方で、「これまでのところ、南沙の税関や海事、公安、港などの当局はすべて、沈没船の事故報告や手がかりの通報は受けていないとしている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)



中国と言えば、その種の事件が起こると、すぐに近場の人間が蝟集してきて、周囲にばらまかれた積荷を持って行ってしまおうと言う習性がある事からすれば、ある意味意外な結末ですな。海っぺりでは、その種の事件に気づくのに時間がかかると言う事が言えるのでしょうか。
ともあれ、お上の側も、そうした民衆の習性を思えば、神業的な迅速さが問われる仕事ぶりを成し遂げた物です。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




中国では無用な機能だろう

日本のトイレにある「謎のボタン」、特に女子トイレのボタンはすごかった=中国報道


日本を訪問したことのある中国人にとって、印象に残ることは多いようだが、そのなかには公衆トイレも含まれる。実際、日本の公衆トイレの様子を写真に撮ってネット上で紹介している中国人は非常に多い。中国メディアの騰訊はこのほど、「日本の女性トイレにあるボタンがすごい」と紹介する記事を掲載した。使ったことのある中国人女性は誰もが絶賛するそうだ。

 日本のトイレのどこが中国人に感銘を与えているのだろうか。記事は、日本では昔から公衆トイレを「無料」で使用することができ、しかも「トイレットペーパーがある」と紹介。最近でこそ中国の公衆トイレも無料になってきたが、少し前まで公衆トイレは有料で住み込みの清掃員がいて、備え付けのトイレットペーパーは存在せず、有料で買う必要があったことを考えると、日本との差は大きかったと言えるだろう。

 記事はさらに、日本のトイレには「謎のボタン」がたくさんあるとも紹介。好奇心から使ってみたことのある人は皆称賛しているという。日本では温水洗浄便座の普及率が非常に高く、公衆トイレも多く使用されているが、普段使い慣れていない外国人にとっては「謎」に感じるのだろう。

 いうまでもなく主な機能はおしり洗浄だが、女性トイレにはほかにも「音符の絵の付いたボタン」があり、これには意表を突かれると紹介している。てっきり音楽が流れるものと思って押すと流水の音がするからだ。使ってみると女性にとって非常に便利な機能で、「日本人は考えることがとても周到だと言わざるを得ない」と舌を巻いている。

 記事の筆者は、日本人の細かさに感心するとともに、「さすが厠の神を信じる人たちだ」と日本人の信心深さとトイレへのこだわりを紹介しているが、確かに日本人にとってトイレは特別な場所である。コロナが収束してまた海外からの旅行者を受け入れるようになれば、日本のトイレ文化をさらに多くの外国人旅行者に体験してもらえるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



こんなことを書くのもなんですが、意外な話ですなぁ。

>使ったことのある中国人女性は誰もが絶賛するそうだ。

前に、レコチャカサーチナで、中国では婦女子も、外でけつをまくって糞小便を垂れる話が記事に乗ったような。さように、よそ様のまん前でけつを露出する事があり得る国で、てめえが放つ糞小便を垂れる音ごときで戦々恐々する物ですかねぇ。「普段」はお構いなしに、そうした音を外部にまき散らしていたのではないでしょうか。
それとも、日本での事だからこそ、ようやく羞恥心が芽生えたのであって、中国においてはあいも変わらずお構いなしに音をまき散らすのではないでしょうか。どうせ、よその多くの事で、無用な騒音をまき散らす事が多いのでしょう。糞小便を放つ音ごときなんぼの物かじゃないのでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE