プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

サービスを提供する側としては向いていないやから

中国人は祖国に誇りを持っているのだから国内を旅行すれば良いのに=タイメディア

中国人に人気の日本旅行だが、アジア圏で日本以上に人気を集めている旅行先はタイだ。2018年の春節(旧正月)でも、ツアー旅行ではタイが一番の人気となっている。

 しかし、あまりに多くの中国人がタイへ押しかけるため、タイでは「なぜ中国人がこんなに大挙してタイにくるのか」と不思議に思われているようだ。世界遺産が非常に多く、今はすっかり豊かになった中国人がわざわざタイに行く理由は何だろうか。中国メディアの今日頭条は1月30日、「中国人が自分の国を旅行したがらない6つの理由」がタイで報じられたとする記事を掲載した。

 記事によると、タイメディアは「中国人がタイに来る理由」を「国内旅行をしたくないから」と断定しているという。そして、その詳細について6つの理由を挙げたと伝えている。

 1つは中国の観光地には「問題が山積している」こと。とにかく人が多いため、衛生状態も悪く、人酔いして楽しむゆとりはないとした。2つ目は「入場料の高さ」だ。有名な観光地は入場料だけで数千円もするうえ、毎年のように値上がりしているのが現状だ。「日本の寺などは400円で入れる」とその異常な高さを強調している。

 3つ目は、中国の観光地には「もう魅力がない」こと。これは観光地に限った話ではないが、中国ではどこにいっても画一的であることはよく言われることだ。そのうえ中国人は騒がしく、泥棒や詐欺師もいると指摘。残りの3つは「ビザの取得がますます容易になっていること」、「交通、トイレ、ショッピングなど海外のほうが快適」であること、「視野を広げ、単調な生活から脱却したい」ことだという。

 つまりは、中国旅行は高くて後味が悪いということのようだ。記事は「これは言い過ぎではないか」とタイメディアの分析に不快感を示した。中国人はタイをとかく「貧しい国」と見下すきらいがあり、こうした実態も自分で言うのは良いがタイで報じられると不快に思うようだ。いずれにしても、タイは今後も中国人に人気の海外旅行先となりそうである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


確かに中国は国内がべらぼうに広いですから、国内旅行だけでも、我が国の感覚で言う海外旅行よりも選択肢が広くなりそうですな。しかしそれでいながら、こんな有様ですからな。要するにつくづくサービスを提供する側としては向いていない連中ですな。ましてやこんな連中には政治は向いていない。ひたすら他人が提供する物に対して文句を言わずに享受するしかないでしょう。ただ、実際は一方的に提供する側に立っても文句の連発になるのです。そんなエゴのオンパレードなやからはやって来るな。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

余りにフィクション過ぎるからな

日本人はなぜ抗日神劇を批判したり、抗議したりしないのか=中国メディア

中国では連日のように抗日ドラマがテレビで放送されているが、近年はその内容が荒唐無稽であるとして批判の声が高まっている。日本兵を手刀で切り裂いたり、手榴弾で戦闘機を撃墜したりなど、現実的にありえない描写のほか、抗日ドラマで描く時代には存在しなかった武器などが登場し、あまりの荒唐無稽ぶりに中国では抗日ドラマを「抗日神劇」と揶揄(やゆ)する風潮もある。

 日本では「抗日神劇」のめちゃくちゃな描写に対して憤りを示すような人はほとんどいないが、それは、中国人にとっては不可解なことのようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人はなぜ抗日神劇を批判したり、抗議したりしないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、中国で近年流行している抗日ドラマの荒唐無稽化において、「日本兵はひどく醜悪化されている」とし、日本兵は醜く、愚かに描かれていると指摘。数人の中国人農民が何百もの日本兵を倒すという描写もあり、中国人はこうした描写を見て大笑いしていると指摘する一方、不思議なのは「抗日神劇で描かれる日本人の醜悪化に対し、当の日本人が何も批判していないことだ」と論じた。

 続けて、日中戦争の頃の日本はすでに工業化を実現した国であったのに対し、当時の中国はまだ貧しい農業国だったとし、その中国人が日本を相手に見せた激しい戦いと、絶対に投降しない頑強な精神は日本人に畏敬の念を抱かせるものだったと主張。記事は、この畏敬の念があるからこそ、日本人は抗日神劇で日本兵が醜く、愚かに描かれても抗議しないのではないかと論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


余りに荒唐無稽すぎて、業腹になるのを通り越してしまうようなありさまですからねぇ。思えば、アメリカやイタリアでできたベトナム戦争映画なんかも、案外それに近い物だと決めつけても良いのではないかと。実際、ベトナム戦争は、朝鮮戦争のように、北へ進撃できたと言うような現実すらなく、大抵の場合は、南ベトナム内でのベトコンや北からやって来た正規軍の掃討に終始していた物だから、映画の中でひたすら、そうした敵を殺しまくる内容であっても構わなかったのでしょう。いずれも、そうした勝利は現実の戦局を左右するような内容にならなかったのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

鎖をつかむだけじゃ全然安全じゃない道

絶壁の桟道で危険な除雪作業を行う作業員たち

陝西省華山観光地区では、ここ数日降雪が続いているため、極めて危険な「長空桟道」では、箒とシャベルを手に、安全ロープをつけた作業員たちが、積もった雪の除雪作業を行っている。身体の一方は切り立った絶壁となっており、彼らは「最も危険な除雪作業員」と言っても過言ではない。西部網が伝えた。

「長空桟道」は、華山景区南峰の近くにある観光名所であり、「華山の危険な道の中でも最も危険な道」と言われている。降雪の影響で、今のところ一時的に閉鎖されているが、作業員は指示に基づき、雪が止むと、安全ロープでしっかり身体を固定し、除雪作業を進めている。

華山景区長空桟道で働く張冬冬さんは、「作業員は作業のたびに安全ロープでしっかり体を固定する。ここでの作業を経験して日も浅くないので、慣れていると言えるだろう。安全ロープをしっかり取り付け、まずは自分の安全を確保すること。そして耳当てや帽子も必需品だ」と話す。

冬に入り、張さんと同僚たちは、勤務時間中はずっと山の上にいる。雪が積もれば除雪を行う。分厚い綿入れの上着を着ているため、横歩きの状態で作業しなければならない時もあるという。

1回の除雪作業には1時間以上を必要とするが、張さんや同僚は、除雪しながら気軽に電話をかけたり、風景を鑑賞するという素晴らしい「特技」を身につけており、華山の「危険のなかの危険」を恐れている様子はまったく見られない。(編集KM)


三国志の中では、蜀の軍隊がこうした桟道を利用して北伐に出撃したと言うエピソードがイラストでも紹介されていた物ですが、いまだにこうしたやばい道が存在していると言うのがすげいですなあ。普段ですら危険だと言うのに、厳冬の時期に至っては推して知るべしですな。

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




だから我が国の護衛艦は決して詭弁ではないのだ

中国の空母・遼寧号の燃料費はこんなにかかるの!?普通の国は負担できないほど―中国メディア

2018年1月24日、新浪に、中国の空母・遼寧号の維持費について紹介する記事が掲載された。

記事は、「中国初の国産空母002型の建設が順調に進んでおり、問題がなければ今年2月にも試験航海をする予定だ」と紹介。そのうえで、空母建設にかかる費用について説明した。

ロシアの専門家は「002型空母の建設費用は700億元(約1兆1900億円)に上る可能性がある」と分析しているという。しかし記事は、「これは少々誇張した金額で、控えめに見積もって300億元(約5100億円)ほどだろう」と予測した。

そのうえで、「空母は建設費のみならず、維持費も相当かかる」と指摘。例えば、すでに就役している空母・遼寧号の場合、燃料搭載量が6000から8000トンになるが、8000トン入れたとすると、重油代だけで3000万元(約5億1000億円)にもなると分析。1回の航海が1カ月ほどであった場合、燃料費だけで6000万元ほど(約10億2000万円)になり、「このような費用を負担できる国がどれほどあるだろうか」と問いかけた。

さらに、空母にかかる費用は空母の燃料費のみならず、艦載機の燃料、乗組員の食費やその他の日常の維持費も加わり、その額は莫大になると指摘。米国のミニッツ級空母の場合、年間140億元(約2380億円)かかると言われており、30年間就役すると、その額は4200億元(約7兆1400億円)にもなると伝えた。

しかも、空母は1隻で出航するわけではなく、空母艦隊を編成して十数隻の船が連なるため、これらの燃料費や維持費を加えると、1つの空母艦隊で年間少なくとも200億元(約3400億円)はかかると計算。「金食い虫」と言われるのももっともだと結んだ。(翻訳・編集/山中)


折角建造した戦艦「大和」もべらぼうに大きい物だから、その分燃料の消費も半端ないと言う事で、めったに出撃させることができなかった物でした。
現代社会における空母は、搭載する航空機が大型化してしまった物だから、第二次世界大戦並みな搭載能力を期待しよう物ならば、必然的にアメリカが持つ空母しか無理と言う事になってしまい、燃料消費に関してやはり半端ない物になってしまうのです。
そう言う視点からすれば、我が自衛隊で新たにできた護衛艦が空母のような機能を有しているのにもかかわらず、護衛艦と称しているのは決して詭弁ではないと言う事です。護衛艦としての本来の役目を意識すると言う前提さえあれば単艦での行動も可能ですからね。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




整形したら身分証も書き換えよう

整形後に飛行機搭乗を拒まれるケースが増加、警察「身分証取り直して」―中国

2018年1月17日、観察者網は記事「成都市女性、整形・化粧後に飛行機に乗れず」を掲載した。

四川省成都市に住む張さんが直面した状況が話題となっている。14日、成都市の空港で搭乗しようとした張さんだが、安全検査で止められてしまった。問題は身分証の写真と現在の顔が違い過ぎることだ。中国の身分証は有効期間が長い。張さんの身分証も10年前に作られたもの。その間に整形もすれば化粧も変わったということで、写真ではまったくの別人だ。

そうした事情を説明したが、空港側はまったく聞く耳を持たず。空港警察に本人であることの確認を求めたが、空港側は納得せず、結局飛行機に乗り遅れてしまったという。現代の整形技術は格段の進歩を遂げており、なりたい顔になれるようになったが、思わぬ落とし穴があるようだ。

警察は、整形手術を受ける人が増えているが、あまりにも大きく容貌が変わっているようならば身分証を再取得するべきだと提言しているという。(翻訳・編集/増田聡太郎)


ここでは警察の言い分が正しいですよ。安易に整形したからと言う事を強調するだけに終始して、新しい顔に基づく身分証に書き換えておかないと、後々やばい事になる事もあり得ますよ。身分証が盗まれて、その盗んだ人間によって、身分証にあるのと違う顔でも整形したから違って当然だと言い逃れて、身分証の持ち主に成りすまされますよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE