プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

「場所」の兼ね合いが難しい道楽

男性のガンプラ趣味が家族の迷惑になった話 大量のモビルスーツで「自宅がホワイトベース化」して困惑

先日とあるテレビ番組で、50代の男性が趣味で集めたガンプラを妻子に処分されるという内容が放送され、ネット上で男性に同情する声があがった。趣味となると何でもコレクションしたがる男性は多いが、それを理解できる女性は少ない。

そのため、どこの家庭でも大なり小なり似たような悶着は起きているだろう。実際私も十数年前、ガンプラに悩まされた経験がある。(文:千葉こころ)
驚くべきスピードで増殖するガンダムたち
まず、当時の状況から説明しておこう。住まいは8帖のリビングと6帖の寝室しかない小さなアパート。おなかに新しい命が宿り、産まれるまでには部屋を模様替えするなり、もう少し広めのマンションに引っ越すなりしなきゃね~なんて、夫婦で話していたころである。

そんな我が家にガンプラが登場したのは、当時の夫が同僚と遊びにでかけて帰ってきたとき。「ガンプラが安く買える店に連れて行ってもらった」と、4つの箱を持って帰宅したのだ。その日を境にガンプラはどんどん増殖していき、あっという間に寝室の壁一面を埋め尽くした。

親子3人で住むには手狭な部屋をどうにかしたい……そんなことを思っていた矢先の出来事だけに、元夫の趣味を理解するゆとりなどなく、日ごと買い足されていくスチールラックと、そこへ積み上げられていくガンプラの箱を、ただただ眺めることしかできなかったのである。
アムロも困惑!? 同じモビルスーツが2機体制という疑問

もし「部屋が狭くなる」ことだけが悩みの種なら、もう少し寛大になれたかもしれない。でも、私の中に渦巻いていた感情はそれだけではなかったのだ。

まず、「なぜ同じものを2つ買う?」という疑問。元夫曰く、「1つは作る用、もう1つは新品のまま取っておく用」とのことだったが、その時点で理解不能。プレミア物ならまだしも、ザクのように量産されている物を永久保存したところで価値が上がるわけでも無かろうに。

ましてや、これから出産、子育てとお金が必要な時期に、2倍の出費はかなりの痛手。働き手への労いとして小遣い制は導入せず、好きな時にほしいものを買える環境にしていたことをひどく後悔したのを覚えている。

ガンプラ2倍増殖に付随して、塗装などに使う道具の購入もかなり家計を圧迫した。女目線で見れば、スターターキット以外は必要なとき買い足せばいいと思うのだが、カタチから入るのが男のスタイルなのだろうか? まず、エアブラシやら塗料やら、すべてを買い揃えるのである。しかも、高価なヤツを。そのあたりは技術が伴ってからランクアップしてくれよ……というのが、私の本音であった。

つまり、場所を取る以外に経済的な問題も絡むのである。意のままに買う元夫を止められなかった私にも非はあるが、家計を省みる姿勢くらい見せてくれていれば、ガンプラを見る目も変わったかもしれない。と、今なら思う。
組み立て終わっても空箱を処分しない、という謎

子どもが生まれてからもガンプラの増殖力は衰えを知らず、さらに、組み立てられたモビルスーツがリビングにも進出しはじめていた。そう、もう寝室のスチールラックには収まりきらなくなっていたのである。そこでもまたひとつ疑問が生じた。

「なぜ空箱を処分しないんだ?」

組み立てたのちの空箱も、永久保存の箱と並んでしまわれているのである。それ処分したらスペース空くじゃん……。そしたらそこに完成品飾れるじゃん……。ホワイトベースと化した部屋を見つめながら、そんな言葉が頭でリフレインした。言えなかったけど。

ガンダムと仲間たちがリビングで待機することには実害もあった。掃除がまことにしづらいのである。固定されていないものもあったため、掃除機が飾り棚の脚に当たっただけでユラユラ、ときどきコテン。テレビの横など特別な待機場所を与えられたモビルスーツも数機いて、拭き掃除だって細心の注意を払わねばならない。

毎日のことだけに、かなりストレスを感じたものだ。せめて掃除だけでも手伝ってくれていれば、そこまで迷惑に感じなかったかもしれないけどね。
大量の占拠スペースに経済的事情、趣味はバランスを考えてほどほどに

そんな我が家の静かなるガンプラ戦争も、ある日突然終わりを迎える。リビングを占拠するガンダムたちがいかなる兵器をもってしても太刀打ちできない、”コドモの逆襲”がはじまったからだ。

成長とともに行動範囲や興味の対象が広がるものの、まだ「ダメよ」が通じない0歳児。モビルスーツに手を伸ばし、スチールラックから箱を引っ張り出し、飾り棚をガンガン叩くとやりたい放題。これにはさすがの元夫も完全降伏したようで、「トランクルームを借りてきた」とすべてを撤収したのである。

それから2年ほどで離婚しているため、ガンプラたちのその後は知らないが、占拠スペース以外にも、経済事情や掃除の負担など、いくら夫の趣味と言えども、妻には諸手を挙げて受け入れられない事情があることはお分かりいただけたでしょうか。

ガンプラ趣味やコレクション癖が悪いわけじゃない。理解だって示したい。でも、趣味と家庭や家計とのバランスが崩れた瞬間、そんな思いは吹き飛んでしまうのだ。


生活でも商売でも道楽でも、何かと三要素と言う事が言えるのですよねぇ。お金と時間と場所が不可欠だと言う事であります。その中でもプラモデルの場合は出来上がった作品の維持と言う点で厄介ですな。本のようにどこかにぎゅうぎゅう詰めにまとめておくと言う事が出来ず、転倒してしまわないように気を使わなくてはなりません。
女にだっていろんな服を欲しがると言う道楽があるじゃないかと反論したくとも、服にはプラモほどの保管に関する厄介さがないだけに、そうした道楽を持っている多くの女性の視点からしても、不可解感、不快感に至るのも理解ができると言う物です。
かく言う自分は、かつてドイツ戦車のプラモ制作に凝っていた事がありましたが、と言ってもごく少数しか行いませんでしたが、一番のネックは場所でしたな。完成品をどこかにおいておいても、何かの拍子で一部が壊れてしまうと言う事に気を使わなくてはならない事から、それに他にもやる事がありますから、今ではやめてしまいました。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











覆水盆に返らず

またかというか、やっぱりというか インドネシアの高速鉄道計画が再び混迷=中国報道

2015年秋、日中で受注を競い合った結果、中国が逆転で受注を決め、建設から運営まで手掛けることに決まったインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画。だが、工事が遅れているという報道もしばしば聞かれるが、実態はどうなっているのだろうか。

 中国メディアの今日頭条は8日、「インドネシアの高速鉄道計画が再び混迷してきた」という記事を掲載し、インドネシアの高速鉄道建設の状況について論じている。

 インドネシア・ジャワ島の高速鉄道はジャカルタとバンドンを結ぶ約140kmの路線だ。もともとは日本の受注が確実視されていたが、後から競争に参加した中国がインドネシア政府の債務保証を求めないなどの案で受注を決めた。2019年に開業する予定だったが、中国側の書類不備などによって工事が大幅に遅れているという指摘もあった。

 また、土地収用の遅れもかねてより指摘されていたが、記事は「土地収用に目処が立ったとして、インドネシアは中国側から融資を受ける契約を5月に結んだ」としながら、現実はやはり収用が遅れていると紹介。目標としていた19年6月の開業はもはや絶望的だとし、計画が非常に混迷してきていると強調した。

 予定どおりの開業が難しいという声は、日本国内では中国が受注した時点から存在していた。中国が受注した鉄道計画のなかには途中で頓挫したプロジェクトが複数あるためだろう。土地の収容は中国側の問題ではないかもしれないが、日本が受注していたら現地の土地権利者に対する丁寧な説明や根回しをすることで、このような問題は起きなかったのではないだろうか。

 中国のネットユーザーからは、「インドネシアは政策が安定していない小さな国だから、無駄金を使うべきじゃない」、「インドネシアなんかより、中国国内の高速鉄道建設を優先すべき」といった声が寄せられていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


まあ中国の視点からすれば、日本から油上げを横どったと言う事だけで満足なのでしょう。それがかなえば、現地でのぐだぐだなどは知った事じゃないと言う事なのかも知れません。一番馬鹿を見たのはインドネシアかも知れませんが、そのような選択を自らしたのです。もはや我が国の知った事じゃない。

♪~(´ε` )

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










いちいち日本を巻き込むんだからな

読者の提言:韓日海底トンネルで雇用を生み出せ

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は公共部門を通じた雇用の大幅な拡大を約束した。ただしこれは税金を使うため、実は経済の「善の循環」にはさほど貢献しない。雇用の創出は主に企業が担い、それを後押しする景気の活性化がこれに伴わねばならない。また第4次産業革命の時代には新しいパラダイムが必要であり、雇用の創出にも革新的な考え方が必要だ。その一つとして韓日海底トンネルの建設を提案したい。

 韓日トンネルが建設されれば、まず天文学的な雇用が生み出されるだろう。また釜山発展研究院によると、建設業で13兆ウォン(約1兆3000億円)、建設資材の分野で13兆ウォン、卸小売りとサービス業4兆ウォン(約4000億円)、皮革や化学の分野で4兆ウォン、産業用機械1兆ウォン(約1000億円)など、韓国側の経済効果は合わせて54兆ウォン(約5兆4000億円)に達すると見込まれている。これに加えて45万人分の雇用拡大効果も期待できる。建設業界も2020年の時点で大きな収益が期待される事業の1位として韓日トンネル、2位に韓中トンネル、3位にセマングム事業(全羅北道の干潟干拓事業)を上げている。

 韓日トンネルには2次的な効果も大きい。まず東北アジアにインフラネットワークが構築され、韓国、中国、日本をひとまとめにした域内の交易活性化が期待されるだろう。一方で韓日トンネルは一部で懸念されている日本の大陸進出の基盤にはならず、むしろ韓半島(朝鮮半島)がユーラシアの交通ハブに変貌する大きなきっかけになるだろう。1億2000万人の人口を持つ日本が内需に組み込まれる効果も大きいはずだ。閉鎖的、敗北的思考にいつまでもとらわれているわけにはいかない。韓国がスーパーハブとなるにはプラットフォームを掌握しなければならず、その一つが韓日トンネルだ。今から未来に向けた第一歩を踏み出せば、これは現政権の大きな業績として記録されるだろう。

パク・ソンヨルさん(世界平和トンネル財団諮問委員)

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


どう手もいいけど、日本を巻き込むな。所詮は国内の事情で物を考えるのだから、国内だけでできる事で解決すべきですな。よしんばそれが雇用問題の解決の足しになると言う前提になるとしても、それに日本が応じるかどうかは別問題です。そんなにトンネルにこだわりたいのならば、もっと地下鉄を造るとか、済州島へつながるトンネルか橋でも造ったら良い。いちいち我が国と結びつけるのが図々しいと言うか、きもいのですよねぇ。

シッシッ(#゚Д゚)ノ.;' < ; `Д´>アイーゴ

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










国内だっていろいろ多すぎるからな

米国人に「北朝鮮はどこにある?」と聞いてみたら…―韓国ネット

2017年8月11日、韓国・YTNによると、トランプ大統領就任以来、米国と北朝鮮の間で緊張感が日増しに高まっているが、当の米国人には、北朝鮮がどこにある国なのか、あまり理解されていないことが分かった。

米ニュース専門放送局CNNの最近の調査結果によると、米国人の約50%が「北朝鮮に強力な軍事制裁をしなければならない」と考えていることが明らかとなった。これを受け、YTNは「しかし問題なのは、北朝鮮がどこにある国なのか知らないということ」と指摘した。

8日、米ABCテレビの人気番組「ジミー・キンメル・ライブ」司会者のジミー・キンメル氏がロスアンゼルス(LA)の路上で出会った通行人に「北朝鮮がどこにあるか知っているか」と尋ねたところ、中東、カナダ、オーストラリアなど、さまざまな地域を示し「ここら辺じゃないですか?」と笑って答えた。北朝鮮の位置を正しく知っている人はほとんどいなかったという。

報道によると、「北朝鮮に対する事前の知識や情報のない市民が、北朝鮮に対する軍事制裁を主張しているが、それでも政府は彼らの意見を受け入れるべきか?」との懸念の声も聞かれるという。

これに対して韓国のネットユーザーからは「米国人にとって最も脅威となる国の一つである北朝鮮の場所も知らないというのは、深刻な問題と見るべき」「いくら何でも北朝鮮が中東にあるっていうのはひどすぎる」「韓国がどこにある国かも知らないのに、北朝鮮の場所を知るわけないだろう」「中国がどこにあるか尋ねたら、オーストラリアやインドを指した米国人がいると聞いたことがある。すごいな」など、今回のインタビュー結果に驚きの声が多く寄せられた。また、「米国人は自国以外に興味がないということだ」と、冷静に受け止める声もあった。(翻訳・編集/三田)


よしんばかの国にいくさを仕掛けるような事態になった所で、大多数の人間からすれば、自分の操縦で現場に行く訳じゃないですからね。場所自体はそれほど問題じゃないのではないでしょうか。

>米国人は自国以外に興味がないということだ
この事に関しても、余り目くじらを立てる事ではないでしょう。アメリカは少なからず自己完結が可能な所がありまして、いろんな物が国内で供給されていて、そのために国内の事ですら少なからず知らずじまいで済ませている部分もあるのではないでしょうか。
むしろ中国の方が、でかい割には自国に大した物がないから、外国旅行へ行きたがるのではないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










ねたみの心理40

「ねたみの心理」第40回目です。
自分自身はルパン三世に対してねたみを抱く事はないのですが、作品中におる次元の場合はそうとは言えないでしょう。ルパン三世と違って、次元は不二子の無節操ぶりに関してかなり業腹状態でありますが、ルパン三世はそうではありません。そうした両者の違いはスケベ欲の度合いがもたらしていると言えましょう。ルパン三世の半端なきスケベ欲は、他の人間ならば不快に思って当然の、不二子の裏切りに対する思いを圧し潰してしまっているのです。
そんなルパン三世を次元は「かぼちゃ頭」とののしる事があったのですが、改めて、一向に不二子を見限る気がないルパン三世にとってはその事で自分が愚かだと言う自覚がありませんでした。
話は変わりまして、第112話の「五右ヱ門危機一髪」においては、ルパン三世の弱点を探ろうと、ウルフとローズの2人組が五右ヱ門を拉致して折檻しました。その事で次元が、「おれは五右ヱ門のように粘る事ができない。さっと吐いて楽になりたい」と言って、その時どう答えたら良いかと問うたところ、ルパン三世は「腕が立って、頭が切れて、顔もスタイルも抜群だから、欠点なんかないんじゃないか」と脂下がった物だから、次元はあきれ顔になってしまいました。
こんな有様だから、ルパン三世に対するねたみと言う物が生じたとしても当然でしょう。第62話の「ルパンを呼ぶ悪魔の鐘の音」
の終わりの時には、ルパン三世が、2人に対して、「お前ら、おれをやっつけたいと言う気持ちが少しでもあったんじゃないか」と勘ぐった所、実際、作品の半ばにおいては2人はルパン三世を殺そうとしたのですが、それはあくまで操られていただけだったのにもかかわらず、2人はその事を強調してルパン三世の疑念に対して否定しようとはしませんでした。
実際その通りだったようでして、第139話「ルパンのすべてを盗め」の中ではルパン三世の体を乗っ取ったスチールを(すなわちルパン三世の格好をした人間だと言う事です)次元は拳銃のグリップで殴って、「一遍やってみたかっと」と喜んでいたのでした。
第112話に戻りまして、次元のあきれ顔状態の後で五右ヱ門が笑いが取れる発言をしていました。「ルパンの弱点は毛が三本足りない事だ」。これに対して次元は溜飲が下がったようで笑い、それにルパン三世も続くのでした。
ここから導き出される結論としては、完璧すぎてもまずいと言うことなのです。どこか抜けている所があってこそ、ねたみを和らげることにもつながるのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE